CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
Facebook


ありのままのあなたを取り戻す
<< 「肩が凝りやすくて、足が冷えている人は足のケアをしてあげることで肩こりも改善することもあります」 | TOP | 「治りました、自由に動きます!頸は大丈夫ですよ」 >>
「この瞬間が一番テンションが上がります。」

「この瞬間が一番テンションが上がります。」

 

みなさんおはようございます!

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままの自分を取り戻させる治療院」じとう接骨院の院長地當です。

 

9月19日

 

50代 女性

 

「最近は、疲れることをしても少ししたら復活できるようになりました!!」

 

 今年の1月から膝の痛みで通院していただいていました。
http://blog.jitohone.com/?page=2&cid=10

http://blog.jitohone.com/?page=3&cid=10

 

膝の調子は、立ち上がる時に手の支えが必要ですが、その他は差し支えなく生活できるようになられました。


現在は、月に1回のペースで通院していただいています。

 

調子をお聞きしたときに冒頭の言葉を頂きました!底力がついてきましたね!

 

話をされている時の顔も輝いています!!

 

仕事をしていて、この瞬間が一番テンションが上がります。

 

なんせ、じとう接骨院の理念は

 

「傷ついて」日常生活をクヨクヨと過ごしている人の「困りごと」を解決することにより「活き活き」と「ありのままの自分」として輝いてもらうための治療院であること。

 

なんです。

 

これからも、患者さんが輝いていられる様にサポートさせていただきます。

 

有難うございました!!

 

じとう接骨院の施術は、

    問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
    原因と症状両方にしっかりアプローチする
    改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
    しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、「傷ついて」日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みでクヨクヨと過ごしているあなたの「困りごと」を解決することによって、「生き生き」と「ありのままの自分」として輝いていただくことを目標としています。

 

院長が1人で責任を持って全ての患者さんに対応し、よくお話を聴かせていただき「原因」をしっかりと把握してからそれぞれの状態に合わせて治療を行います。
また、何故その治療が必要なのか、どのくらいの頻度で通院すれば良いのか、日常での注意点を丁寧に説明いたします。


体に痛みや不調を感じている方は、是非一度、私に相談にいらしてください。

 

じとう接骨院は、自分の事を表現するのが苦手で痛みや不調をお話する場所が無い方のために「安心安全な場で、ありのままのあなたを取り戻すことが出来る場所であるよう」いつも笑顔であなたをお待ちしています。

 

当院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。

 

長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。


自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

院長 地當 健一

*************************************

    初回8,640円
    2回目以降 6,480円

*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:

        平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
        土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 22:11 | 膝が痛い | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.jito.pecori.jp/trackback/208
トラックバック